sorbothane

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

開張足サポーター
浮き指サポーター


開張足とは、5本の指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態のことです。加齢により筋力や靱帯の支持力が低下することでおきることがあります。 また、一般的に女性の方が男性よりも多いとされます。
浮き指とは、歩いているときや立つときに足の指が地面に接地しない状態のことです。 足の指にかかとに重心をかけた立ち方や歩き方や、運動不足による足の指の筋肉低下などで起こるとされています。
健康は足もとから、トラブルは足裏に現れます。タコマメが出来てしまう原因は足裏のバランスが崩れることで起きてしまうのです。 ソルボフットサポーターは横アーチを作ることで足裏のバランスを整えて行きます。

足裏のバランスの崩れを放置しないでください

タコやマメならその都度対処すれば良いと放置しないでください。 それは、足のバランスが崩れているサインかもしれません。開張足や浮き指の可能性もあります。 もしもそうなら放置してしまうと、 外反母趾など足のトラブルになる可能性が高くなります。

5件中 1-5件表示

ソルボヨコアーチフィット

販売価格 ¥ 2,970 税込

ヨコアーチの落ち込みによる、浮指や外反母趾などのトラブルに。  1足入り

いつもの靴が履ける薄型 ソルボフットサポーター

販売価格 ¥ 4,180 税込

中足部を締めて浮き指対策
Wベルトで締め具合の調整が簡単 靴が履ける薄型 1足入り

ソルボヨコアーチシームレスサポーター

販売価格 ¥ 2,948 税込

段差を感じない極薄シームレス生地で素肌のようなフィット感 パワープリントと横アーチパットが足裏のバランスを整え、足指をしっかり使う歩行が可能に 上に靴下を装着しても、そのまま靴が履けます 左右共用両足入り

ソルボヨコアーチサポーター

販売価格 ¥ 2,200 税込

立ち仕事などによるつま先のトラブルに 1足入り

ソルボヨコアーチサポーター 薄型

販売価格 ¥ 2,200 税込

横アーチを支え
つま先・足指のトラブルをやわらげる 1足入り
5件中 1-5件表示

商品一覧を見る

サポーター選び方:全て

ソルボ≪公式≫オンラインストアでは、多くの種類のフットケアサポーターを取りそろえています。

NPOオーソティックソサエティー 理事長 医学博士 整形外科医 庄野先生 内田先生主催のフットケア コントロール トレーナー スキルアップ研修会参加者集合写真

FCTスキルアップ研修会参加者集合写真

足の専門資格を持つ社員が16名在籍し、確かな信頼と実績をお届けいたします。

ソルボ≪公式≫オンラインストアは、多くの種類のフットケアサポーターを取りそろえています。
足のお悩みには、疲れる、痛い、タコ・ウオノメ・マメ、扁平足・ハイアーチ(土踏まず)、浮き指・開張足、O脚・X脚など、さまざまです。
私たちは土踏まずの周囲にある足の3つのアーチに着目して、医学博士(整形外科医)と共に商品を開発してきました。
ソルボセインは、英国国立研究開発公社の支援で誕生した衝撃吸収材です。皮膚や筋肉と同じ分子構造を持ち、人体と同じ衝撃吸収性があります。その為、足裏の3つのアーチを優しくしっかりとサポートし足本来が持つ機能を高めていきます。足の疲れや痛み、タコ・ウオノメ・マメ等のお悩みは、足裏の3つのアーチがしっかりと機能していくことで、和らげることができます。また、足は人体の土台であり、美しい姿勢や、健康で活動的に暮らす土台となります。そこが崩れてしまうと、ひざや腰などにも悪影響が及んでしまいます。当社のタテアーチサポーター、ヨコアーチサポーター、かかとサポーターなどのフットケアサポーターは、シリーズ最初の商品が1991年に発売されて以降32年間、350万枚以上を販売し、足にお悩みがある方にご愛用いただいております。
サポーター選びがご不安な場合は、お問い合わせいただけましたらおすすめのフットケアサポーター探しをお手伝いいたします。
ソルボ≪公式≫オンラインストアは、お客様のお悩みに寄り添い、お客様のご満足に役立てるよう、これからも尽力してまいります。

アーチサポーターの選び方

以下の特徴を参考にしてアーチサポーターをお選びください。

  1. 足の裏 魚の目(ウオノメ)痛い
  2. 足の裏 タコ(たこ)痛い
  3. 足の裏 マメ(豆 まめ)靴ずれ 痛い
  4. 足の裏 痛い タコ 魚の目 いつも同じ箇所ばかりにできる原因は?
  5. ソルボフットケアサポーターはタコ 魚の目 マメに効果あるの?
  6. 足の3つのアーチに着目 アーチサポート
  7. 扁平足サポーター、土踏まずサポーター、ハイアーチサポーター
  8. 開張足サポーター、浮き指サポーター
  9. かかと痛い かかとサポーター 足底筋膜炎サポーター
  10. O脚サポーター、X脚サポーター



足の裏 魚の目(ウオノメ)痛い

合わない靴を履いていると靴にあたる部分が圧迫され、皮膚の表面が刺激し続けられると角質が厚くなります。 ウオノメは、厚くなった角質のしんの部分のことで、固く、圧迫されたときに神経に痛みを感じます。 足の指の関節の部分などにできやすく、しんを取り除かない限り完治しません。



足の裏 タコ(たこ)痛い

ウオノメとおなじ、圧迫などの刺激が繰り返されることが原因ですが、しんはなく、広い範囲で皮膚が固くもりあがっており、神経に触れて痛みを発生します。 足の裏など、骨の上に出来ることが多く、削っても刺激を受け続けると、再発します。



足の裏 マメ(豆 まめ)靴ずれ 痛い

新しい靴や靴下など、慣れないうちに履いたときに、普段は触れない部分が摩擦し、水ぶくれを起こすことがあります。 あらかじめ、靴ずれなどを起こしやすい部分に保護パッドを貼って予防したり、 出来てしまったときは、小さな穴をあけて水をぬき、清潔に消毒した後に保護パッドを使用します。


足の裏 痛い タコや魚の目 いつも同じ箇所ばかりにできる原因は?

それは足のバランスの崩れた場所に、常に強い圧力がかかるからです。
まずは、自分にあった適切な靴を選び、足に優しい靴の履き方をしてください。
自分つま先の形に合った靴を選ぶ


足に優しい靴の履き方
最初に靴の後ろ足部分をかかとにしっかり合わせます。その後に靴紐をきちんと締めて足を靴に固定します。 足が固定されていないとバランスが崩れ、タコや魚の目の原因になります。



ソルボフットケアサポーターはタコ マメ 魚の目に効果あるの?

足に優しい靴を選ぶことは大切ですが、足のバランスの崩れは長い時間で生じ、扁平足、開張足、ハイアーチ、O脚、X脚などに現れます。
これらは足裏にある3つのアーチが崩れるため生じる場合が多いです。 そのためタコや魚の目が同じ場所にできてしまいます。 足のバランスの崩れを補整するソルボフットケアサポーターの着用をお勧めします。


足の3つのアーチに着目 アーチサポーター 土踏まずサポーターならソルボフットケアサポーター

人の足には56個の骨があり、人体の骨の1/4を占めます。 足には骨を支える19の筋肉、33の関節、107の靱帯があります。 レオナルドダビンチは「足は人間工学上の最大の傑作」と賞賛したそうです。
足を建造物に例えると、踵(かかと)は芯柱であり、踵からつま先に向かって2つのアーチ (縦アーチ外側と縦アーチ内側)があり、つま先には横アーチがあります。 これらの3つのアーチと踵でドーム構造を形成し、 体重を支えて歩行や走行の際の体重移動を安定的に円滑に実現しています。 3つのアーチが崩れた状態=土踏まずドームが崩れた状態では足の機能を十分に活かすことは難しくなります。
ソルボセインは人工筋肉(人体と同じ衝撃吸収性)であるため足のドームを優しく長時間サポートすることができます。 シリコン、EVA、ウレタンやゴムとは違い、体に馴染み、使用によりへたることもありません。 また、ゲルなどの低反発素材は、力に対し変形し続けるため、衝撃は吸収できてもアーチをサポート出来ません。



扁平足サポーター、土踏まずサポーター、ハイアーチサポーター、タテアーチサポーター おすすめ

扁平足とは、足の裏にある土踏まずが平らになった状態です。 生まれつきの場合や、足裏にある筋肉の働きが少なくなってくることで生じることもあります。 長時間立ったり歩いたりすると足裏がだるくなったり痛くなったりします。
ハイアーチとは足の甲が極端に高く、立っている時にも土踏まずの部分が地面に接していない状態のことです。 生まれつきの場合や、足底筋膜が硬くなって生じることもあります。
ソルボタテアーチサポーターは縦アーチと土踏まずを優しくしっかりサポートします。


開張足サポーター、浮き指サポーター ヨコアーチサポーター おすすめ

開張足とは、足の5本指のつけ根を横に結ぶアーチが無くなり足の指が横に広がってしまう状態です。 自覚症状が少ないため放置すると第2趾と第3趾の間が腫れ、ひどくなると神経を圧迫しモートン病になる場合もあります。
浮き指とは、立っているときや歩いているときに足の指が地面に接していない状態です。 歩く習慣の減少による筋肉の衰えなどで生じることがあります。現代人は歩くことが少なくなっており、半数近い人が浮き指状態であると指摘されています。
ソルボヨコアーチサポーターは横アーチを優しくしっかりサポートします。


かかと痛い かかとサポーター 足底筋膜炎サポーター おすすめ

かかと痛は、足底筋膜炎などや、加齢による踵クッションの減少などで生じることが多いです。
ソルボかかとサポーターは優しくしっかりかかとをサポートします。
足底筋膜炎サポーターにはソルボアーチウェッジヒールサポーターがおすすめです。


O脚サポーター、X脚サポーター おすすめ

O脚の人は、ひざから足首の部分のねじれが少ないため、つま先が内側に向きやすくなります。 足の外側を使うため、靴底の外側部分が減りやすい傾向にあります。
X脚の人は、ひざから足首の部分のねじれが大きいため、つま先が外側を向きやすくなります。 足の内側を使うため、靴底の内側部分が減りやすい傾向にあります。
ソルボウェッジヒールサポーターはO脚は外側を上げるように、X脚は内側を上げるように優しくしっかりサポートします。

お買い物ガイド
メニュー