{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

肘・手首痛

筋肉への大きな負担や炎症
が原因で起こる痛み。

肘痛を起こす痛みのメカニズム

テニス肘バックハンド(上腕骨外上顆炎)

バックハンド肘といわれ、バックハンドを繰り返すことによって肘の外側についている手首を伸ばす筋の部分に炎症を起こします。

テニス肘フォアハンド(上腕骨外上顆炎)

サーブ、スマッシュなどのフォアハンドでの無理なフォームによって衝撃が肘の内側に過剰にかかるために炎症を起こします。ゴルフの際にも発生する肘の障害です。

投球肘

使いすぎや、無理なフォームでの投球によって、腕の筋や靱帯、肘の内側関節が痛みます。

腱鞘炎にならないための、日常生活のポイント

痛くなったら、すぐに休憩しましょう

運動後にはアイシングをしましょう

パソコンをする前には、指をほぐしましょう

腱鞘炎や関節炎のよく起こる部位

肘・手首痛解消のためのお手軽マッサージ

肘ストレッチ運動

肘は、骨、靱帯、関節、そして多くの筋肉からなる複雑は部位だから、より適切はサポートケアが求められます。

手首ストレッチ運動

手首に痛みとハレが起こる腱鞘炎は、ラケットを使用するスポーツで、起こりやすく、ストレッチ運動は特に大切です。

おすすめ商品

前へ
次へ
肘・手首のトラブル 一覧ページ